今から株をしてみたいと思って現在はバーチャルの取引で練習をしています

これから株を始めてみたいと思い現在はバーチャルの取引でやっています。
今はまだ調子が良くて、結構大きく勝ち越しているのですが、いざ実際の株の取引をすると簡単にいかないように思います。
でも、この株のバーチャルによって得た感覚を大事にして、年内には株の取引をしてみようと考えています。
私は、とある株式会社が株主に与える優待制度が受け取りたいために株式投資を始めたビギナーです。
ようやく最近、株式を買ったり、売却したりするのが楽しくなってきました。
企業が株主に与える優待制度も様々あって、その株式会社の製品がもらえたり、買い物をすると価格が割引になったりするので、どの銘柄に投資しようか考えてしまいます。
給料は全く上がらないのに物価だけは引き上げようとやけに政府は熱心です。
物価が高くなれば企業の収益力も上がることになり、株価上昇にも繋がります。
銀行などに余剰資金があるのならば、株投資を行うと良いです。
株は簡単に始められます。
証券会社に口座を作ってみればよいのです。
今ではネット証券などもありますから、取引自体もスムーズにできます。
皆そうだと考えるのですが、私は株に着手したころ、ビギナーでチャートの読み方が、わかりませんでした。
今も完全にわかるというわけではないのですが、「きっとこういう感じだろう」といった読み方があって、ちゃんと参考にしています。
とはいえ、現在でもたまに誤ってしまう時もあります。
株の初心者が初めから難しい売買をすることは避けるべきです。
例えばの話、株では空売りして利益を得るやり方があります。
空売りとは売りから始める信用取引です。
空売りであれば、株価が下落した場合でも利益を得られます。
しかし、危険性もあるので、空売りは株の売買に十分慣れてきてから行うべきといえるのです。
信用取引とは現物株や現金を担保として資金以上の取引、空売りができることが大きな特徴でしょう。
特に空売りは下落相場の場合に大きい力を発揮し、上手に利用することで相場が上がっても下がっても稼げる武器となるのです。
反面、資金以上の取引は借金同様なので、初心者の場合は資金管理を慎重にすることが重要です。
株式投資を行う場合には、単元株式の他の、ミニ株式を買い入れる方法もあります。
単元株では購入する金額が高すぎて購入できない株を買い入れたいときには、ミニ株で少量ずつ入手することによって、一度に大きなお金を用意することなく手に入れたい銘柄を購入できます。
株式投資の未経験者にとっては分かりにくいことだらけに見えるのではないでしょうか。
どこの証券会社を利用して投資を始めればいいのかなど、躊躇してしまうことが多いです。
誰しもが儲けたいと考えて株式投資を始めるわけですが、一年間の取引で利益を出せる方はあまりいないでしょう。

ネット銀行債券