住宅ローン借り換えの注意点は何?

住宅ローンの借り換えで最大の注意点は「借り換えてローン総額が低額になること」です。
金利が安くなったからと言って、色々下調べをしないで借り換えたら反って高額になったということにもなりかねないですから、事前に十分な精査をして下さい。
一般的に借り換えてメリットがある条件は「10年、1,000万円、1%」と言われています。
これはローン期間の残りが10年以上、ローン残高が1,000万円以上、新規の借り入れ金利が1%以上低い場合に借り換えるメリットがあるという意味です。
金利上は1%以上安くても、実際に手続きをすると諸費用がかかりますから、結果として持ち出しになったので話になりませんね。
一般的な数字では、元本が1,000万円の場合、諸費用は37万円、2,000万円の場合は58万円、3,000万円の場合は79万円、4,000万円で100万円、5,000万円で121万円程度と言われています。
新生銀行住宅ローン借り換えの諸費用は?評判の理由!【いくらかかる?】