安全な白髪染めはパーマとの併用OK?

パーマはかけた後、髪が痛むといいますね。
これはパーマの薬剤が髪の毛のキューティクルを一時的に変化させるために、キューティクルにダメージが残ってしまうためです。
髪の痛まないパーマというのも聞きますが、通常のパーマよりは少ないかもしれませんが髪は確実にダメージを受けています。
パーマによる髪の毛のダメージは避けられないものだと考えてください。
一般的な白髪染めやヘアカラーも同じようにキューティクルを変化させます。
薬剤によって強制的に開かせたキューティクルの隙間から色素を定着させる仕組みになっているためです。
では、パーマと白髪染めを両方やるとどうなるのでしょうか。
もちろん、髪の毛はパーマによるものと白髪染めによるもののダブルでダメージを受けることになります。
これらを同じ日に両方やると、ダメージはかなりのものになります。
髪の毛がボロボロになるのを防ぐためにも、パーマと白髪染めは最低でも1週間以上の間隔をあけて行うことが大切です。
また、パーマと白髪染めは行う順番も大事になります。
白髪染めをした後にパーマをかけると、色落ちや変色をしてしまう場合があります。
これは、白髪染めによってキューティクルの中に閉じ込めた色素が、その後にかけるパーマの薬剤によって再度キューティクルが開いてしまい、せっかく閉じ込めた色素が外に流れ出してしまうため、色落ちしてしまうのです。
また、パーマ液と色素の化学変化により、変色してしまう場合もあります。
ですので、必ずパーマを先に行うようにする必要があります。
パーマの後に白髪染めをした場合もキューティクルに影響を与えますが、パーマの効果が弱まったりすることはほとんどありません。
実際、美容室などでもこの手順で行うことがほとんどです。
ここでお話した白髪染めは一般的な酸化染毛剤を前提としていますが、髪へのダメージを心配される方は、自然染料のヘナやヘアマニュキアを利用するのもいいかもしれません。
これらは髪質にはほとんど影響を与えませんので、ダメージという点でパーマと併用する際にはベストな選択になります。
そして、この場合もパーマを先に行ってください。
一般的な白髪染めと同様、染めた後にパーマをすると色落ちや変色の原因になります。
毛髪は一度痛んでしまうと、基本的には元に戻ることはありません。
ですので、髪の毛へのダメージを少しでも減らすことが大切です。
パーマと白髪染めを両方やりたいけど、やっぱり自分でやるのは心配...。
そういう方は、美容室でやってもらうのが確実かもしれません。
安全な白髪染めは?髪を傷めないのはコレ!【安全ランキング】